年越しそばご予約承り中

そばセット
----------------- ご来店ありがとうございます (*^-^*) -----------------

※重要なお知らせ
鴨南蛮のご注文につきましては年内一杯ご予約で一杯となりました。
鴨南蛮がつく全ての商品は年内一杯販売休止となります。
新年営業日より再開いたしますのでよろしくお願いします。

富泉流そばコラム

年越しそばの由来

年越しそばの由来

金運説

金銀細工師は、金箔を延ばすときに金箔の裂け目を防ぐために
そば粉を使ったり、飛び散った金銀の粉を掻き集める時に蕎麦の団子を
使ったところから、そばは、金を集めるという縁起で食べるようになった。

細く長くの形状説

そば切りは、細く長くのびることから、寿命を延ばす、家運を伸ばす
身代を永続きさせたいという縁起かつぎ。

運そば説

鎌倉時代、博多の承天寺で年末を越せない町の人たちに
世直しそば―としてそば餅を振舞ったら、その翌年から町の人たちに
運が向いてきたことから、大晦日に食べる習慣となった。
「 運気そば 」「 福そば 」ともいう。

三稜縁起説

そばの実が三稜(ミカド)なことから帝(ミカド)に通じる
室町時代、関東三長者のひとり、増淵民部が、毎年の大晦日に無事息災を
祝って「世の中にめでたいものは蕎麦の種 花咲きみのりみかどおさまる」と歌い、
家人ともどもそばがきを食べたのがはじまり。

そばは切れやすいという形状説

そばは切れやすいということから、
「1年の苦労や厄災をきれいさっぱり断ち切る」
「一年中の借金を断ち切る」どちらも、残さず食べ切らないといけないとか。

そば効能説

『本朝食鑑』に「蕎麦は気を降ろし腸を寛(ゆるく)し、
能(よ)く腸胃の滓穢積滞を錬る」とあるように、
新陳代謝により体内を清浄にして新年を迎えるということから。

捲土重来説

そばは、ひと晩風雨に当たっても、翌日陽がさせばすぐ起き直ります。
それにあやかって、「来年こそは」と捲土重来を期して食べる。