そばの定義

そばと呼べる定義は、乾麺のそば:そば粉30%以上(茶そばを除く)、
生そば:そば粉30%以上となっているようです。

乾麺の場合だと、原材料の表示で小麦粉が一番最初にきていれば、
そば粉より小麦粉の方が多く使われているという基準になります。

最近はそば屋でも表示してあるところもありますが、生麺の場合は、表示されない場合が多いです。

麺類組合で、表示義務のような動きもありますが、各お店の事情もありなかなか先に進まないようです。

っと、ここまで話しておいてなんですが、そば粉が多いから美味しい蕎麦と決め付けるのは早急です。
以前は、逆二八蕎麦で行列が出来るお店が栃木にありました。
(現在は店主さん体調不良で閉店 ^^;)

もちろん、そば粉100%のものも、二八蕎麦も、美味しいですが
作り方や、食べる方の好みによっては、
もっと小麦粉の量が多いほうが、美味しいと感じることもあります。

そして、食される状況によっても粉の配合が違ってきます。
(お店で食べるか、出前で食べるか、通販で食べるかなど)

そばの定義(一般的に蕎麦と言ってよい)はあくまでも定義で味とは別物なのは
言うまでもありませんが、まあ一応基準というのは必要なんでしょうね ^^;


posted by そば富泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です